topimage_greeting

ごあいさつ

ごあいさつ

社会福祉法人愛光園は、創立者の皿井寿子さんが、障がいをもった一人のお子さんとの関わりからはじまりました。今ではご利用者とその家族、そして職員の熱い思いをうけ、必要な事業として、障がい者福祉支援、高齢者保健福祉、地域生活等々すすめてまいり、行政、地域、ボランティアの皆様のお力をいただき各種の事業所を持つ大きな法人となりました。心より厚く感謝申し上げます。
この間、社会情勢は大きく変化し制度や仕組みも何度も変わってきましたが、誰もが人として尊厳が保たれ、生きがいの持てる暮らしができるよう支援することは変わってはならないことです。益々、職員スタッフの高度な専門性が求められてきています。委員会やQCサークル活動、実践発表会等々を通じ、支援の質の向上に励んでいます。
私たちは創業当時より『共に生きる』の理念を掲げ、地域の中にあって誰もが安心して暮らせる共に生きる社会の実現に向け努力してまいりました。愛光園の伝統と歴史は、貴重な体験や実践を積み重ねて創られてきました。今後も励んでまいります。
愛光園の理念を一層推し進めていくよう皆様のご支援ご協力を、賜りますようお願い申し上げましてご挨拶といたします。

社会福祉法人愛光園
理事長 日高 幸子